リハビリの専門家|介護の資格を取るなら勉強が大事|需要がある業界に踏み込もう

介護の資格を取るなら勉強が大事|需要がある業界に踏み込もう

男女

リハビリの専門家

整体

作業療法士との違い

失われてしまった体の自由を取り戻すべくして行われるリハビリですが、そんなリハビリを行う専門家が理学療法士です。近年医療施設などで需要が高まっている職業の一つですが、同じような職業として作業療法士があります。どちらもリハビリの専門家であるのは一緒ですが、それぞれに大きな違いはあります。理学療法士は主に身体の基本的な機能回復を目指してサポートを行っており、病院や介護施設で働くだけではなくスポーツリハビリの分野でも広く活躍しています。一方で作業療法士は日常生活が不自由なく行えるように機能回復を目指すのをサポートしており、主に高齢者を対象にして障害者施設や児童養護施設などでも活躍する職業となっています。

合格実績などにも注意

理学療法士を目指すために専門学校を選ぶ人も大勢いますが、進学先を選びにあたって人によって様々な基準があります。近くにあるから通いやすいという考えの人もいれば、設備が充実してそうといった基準で選ぶ人もいるでしょう。そこで一番重要視したいのが国家試験の合格実績です。理学療法士になるためには専門学校に通う必要がありますが、だからといって専門学校を卒業すれば誰もが理学療法士になれるというわけではありません。国家試験に合格することで初めて理学療法士になることが出来るのです。いくら良さそうに思えても理学療法士になることが出来ないので意味がありませんので、専門学校を選ぶ際には合格実績も調べておくことが大切です。