介護の資格を取るなら勉強が大事|需要がある業界に踏み込もう

お年寄りと介護職員

医療福祉に関する仕事

婦人

義肢装具士は、医師の処方の下で義肢や装具の製作及び装着の調整をする職業です。義肢装具士になるためには、養成校に通って国家試験に合格する必要があります。事前に情報を集めて自分に合った学校を選ぶことが大事です。養成校では、基礎分野と専門分野の授業が行われています。製作や臨床の実習も組み込まれています。

More...

業界への就職を望むなら

笑顔のウーマン

種類の多さと試験が特徴的

介護系資格の特徴は、様々な資格バリエーションがあることです。物凄く取得が簡単なものもあれば、取得にかかる費用が一万円程度で済むものなどがあります。最初は簡単な資格からチャレンジしていき、少しずつ上級の資格試験を受けていけばキャリアアップも可能です。また、もうひとつの特徴は実務経験が必要となる資格が多いことです。一般的な試験はほぼ筆記試験だけで合格となりますが、介護系の資格は実際に施設等で働いた経験が必要だったり、指定された場所で実習をする事が必要になります。ただ施設で数年間働くだけで、上級資格試験の受験出来るようになることもあるのでその点は大きなメリットです。以前はヘルパー系の資格がそれに該当し、実務経験を積むと介護系の上級国家試験が受けられるようになっていました。

最短取得の為の方法

介護資格を最短で取得してなるべく速く現場で仕事をしたい方は、専門機関や専門学校、通信講座で勉強するとそれが可能です。短期合格すれば、それだけ勉強にかかるお金も浮いてきますし、就職活動の時期が早まり早期に福祉施設などで働けるようにもなります。勉強をするのが苦手な方も通信講座などでは細かく開設されている教材をもらえたり、質問があれば直ぐに聞いて悩みを解決できます。独学での勉強が出来るものも多いですが、早期合格なら指導のプロから学んで行きましょう。ちなみに、通信制のものなら働きながらでも学習できるので転職をしたい方はオススメです。介護業界へ就職したいなら今のうちから勉強して行くと、それを叶えられるチャンスも生まれてきます。

努力次第で開業も

歯科

人の歯はすべて同じではありませんので、歯科医師からの注文にしたがってそれぞれの人に合う入れ歯などを作るのが歯科技工士です。技術を磨いて独立開業や海外へ活躍の場を広げることも可能で、非常に魅力のある国家資格であると言えます。

More...

リハビリの専門家

整体

リハビリの専門家である理学療法士には似たような職業として作業療法士がありますが、作業療法士が主に高齢者を対象にしているのに対して理学療法士はスポーツリハビリなどで活躍しています。理学療法士になるための専門学校を選ぶ際には、合格実績を調べることで良い専門学校なのかどうかを知ることにもなります。

More...